Play! Bike! Camp! バイクパッキング記録ブログ

40近く子連れのおっさんが、バイクパッキング始める記録のブログ。

夫婦でロードバイクに乗り出して半年経過した記録

買ったばかりの頃にこんな記事を書いてみて、それから半年乗ってみていろいろ変化があったので少し書いてみる。

playbikecamp.hatenablog.com



前回書いた「気をつけているポイント」はこの4つ。

  1. 相手のテンションが上がるまでは無理しない
  2. 「べき論」みたいな意見を押し付けない
  3. 快適さについては最初から気をつける
  4. 一緒にやることとやらないことを切り分けて共有する

基本的に方針は同じだけど、奥さんも走れるようになってきたので状況は少しずつ変わってる。



半年経った奥さんの自転車ライフ

最初はポタリング程度、平地を軽く走って道の駅とかスイーツのお店とか行く程度の走り方を想定してたという割に周りの熱にほだされて結構ちゃんと走るようになってきた。

週末は晴れてたら40〜50km程度、獲得600mくらいの所を走る。スピードはそこそこだけどちょっときつい峠も走りにいったりする。服装も気がつけばサイクルジャージにレーパン履いて、SPD-SLのシューズで「ちゃんとした格好」で走ってるので端から見てる分にはどうみてもガチ感が出ている。

子供に留守番しといてもらわないと行けないので丸一日走りにいったりするようなことはあまりないけど、それでもタイミングがあえば能勢に行ったりもした。身体も締まってきて体重はそれほど変化無いけど筋肉も付いてきたし、斜度のきついところもゼエゼエいいながら走ってる。結果的には僕があれこれ考えてた事も役に立ってるようなら幸いだけどその辺はわからない。


ポイント① 相手のテンションが上がるまでは無理しない

最初はあまり焚き付けたりせずに向こうのテンションの上がる様子に合わせて出かけるのが良いという内容だったけど、例えば平地と坂を混ぜてみたり、買物行くだけのポタリングだったり、南河内の山の方と堺浜の平地とを織り交ぜながら走ったりしてると本人も何が好きなのかがおぼろげにわかってきたりしてる。

坂、山、峠、と正面からぶつけにいくとどうしても抵抗感はあるんだけれど、でも「目の前の困難を少しずつ練習して乗り越えていく」感じというのは楽しいようで、平地ばかりだと物足りなかったりするようで南大阪の「10kmくらい平地を走ってウォーミングアップしたらそんなにきつくない坂がある」というのがけっこうよいなあということを痛感する。


ウェア、ギア、ルート。こちらがある程度誘導しつつも本人の楽しいポイントまでは特にガッと行かない。なので自分で好きなように楽しんでるのでその辺はやっぱり良かったなと思う。

ポイント② 「べき論」みたいな意見を押し付けない

僕自身がこういうの好きじゃないので特に何も言わないけれど、職場の自転車好きの人たちが結構アグレッシブで「だめだよ、ビンディングつけなきゃ」とか「普通の眼鏡じゃだめ、サングラスしないとさ」とか「クロモリ?カーボンの方が軽くて登りやすいから絶対買った方が良い」とか、ありがちな原理主義をぶつけてくるらしい。それはそれで経験からくるアドバイスとしてもちろんわかるんだけどね。

走る事自体もだけど、そういうの含めて考えたり装備を揃えたり自分の好きな走り方とかスタイルとか詰めていくのが楽しいと思うので、ここはやっぱり何でも好きにすれば良いと思うけどね。ペアルックしかり、仲の良さそうな夫婦ってみかけるけど、あまりそんな風に決めてしまわず自分がやりたいようにやるのが楽しいと思う。


ポイント③ 快適さについては最初から気をつける

お尻のパッド、速乾性のインナー、グローブ。その辺は最初からちゃんと装備してるけど、あとはまあ「快適」なんてのも人それぞれだけど、僕があまりに鳩派で「好きにすれば良いよー」くらいのテンションでいるところに、友人や会社の先輩なんかに「もっとこういうのがいいよ」みたいにプッシュされるので、あれこれ考えながら自分で探して買物したりしてる様子。

体質はひとそれぞれなので、何が良いのかはやっぱり一概に言えないところもあるけれど、これから冷える季節が来るのでまたあれこれ買いそろえていかなきゃ行けないんだろうな。10度以下くらいの寒いタイミングまでは走るつもりはないと行ってるけど、そもそもスタートが2月初めだったからどうなることやらと思ってるけど。

ポイント④ 一緒にやることとやらないことを切り分けて共有する

これもかわらずこのまま。僕は今年2回キャンプライド行ってすごく楽しくて、これからも機会を見つけてそういうの行きたいと思うけど奥さんはまだそこまででもなくて、ペースが速いのや峠のきついのはやっぱり体力的にもまだ無理があるだろうからそういうのは男友達と連れ立っていくのがいいかなと思ってる。

車も大きくなって行動範囲も広がるし、坂はそこそこ、景色が良くて旨いものがあるあたりにはこれからも積極的に出かけていきたい。あとは、5年くらいして子供ほっぽらかしても大丈夫になりそうなタイミングがきたらもっと違う楽しみ方も出てくるかもしれないけれど、それまでは毎週南河内グリーンロードや水越峠あたりを走って坂に慣れて走れるようにと日々の鍛錬かなと思ってる。合間にアイス食べたりラーメン食べにいったり、普段の行動範囲でできない事を織り交ぜながらやっていけば十分楽しいかなと思ってるけど。


平日休みを合わせる事が難しいのでぼちぼち。


夫婦で共通の趣味ができて半年たってみて

結婚して10年以上経って久しぶりに共通の趣味ができたなあという印象。音楽は好きだったし映画は奥さんの方が知識量が多くて釣り合わないところはあったけど、一緒に何かをするってのはなかなか楽しい。自転車の楽しいところは、身体を動かすスポーツそのものの楽しさもあるけれど、道具を買いそろえていくことや外出して知らないところに行くところや、そういういろいろが全部一緒に平行してくるところだと思う。その分話題も多くなるし会話も増える。

出かけるときのモチベーションや、励まし合ったり助け合ったりしながら一緒に楽しめるのはなかなかいいもんです。膝や身体に負担が少ないのもあるし、夫婦で一緒に身体動かすのに自転車始めようかなってのはなかなかオススメです。