Play! Bike! Camp! バイクパッキング記録ブログ

40近く子連れのおっさんが、バイクパッキング始める記録のブログ。

バイクパッキングで初めてのタープ泊

何度か自転車でキャンプに行ったりはしてたけど、タープ泊は今回初めてだったのでかなりドキドキしてた。最低気温12度とそこそこ冷えたけどなかなか快適だった。雨降ったら終わりだったけどなんとか持ちこたえたよ。

f:id:playbikecamp:20170530080148j:plain

使用したタープはoxtosのレクタタープ。15Dの軽量タープだけど7,480円と格安。

レクタタープライト OX-038

パッキングが最小限のタープ

軽量タープとペグだけ持って行くのでテントに比べて1kgくらいは軽くなってる。天候に対しての自由度は極めて低いから、ちょっと雨が降ったらえらいことになるし完全に晴れてて最低限の小雨程度しか凌げないという問題点はあるけれど。

今回はテントの友人もいたからいざというときはそこに避難出来る安心感もあった。ハンモックは結局のところタープや木に付けるロープのことを考えるとソコソコの重量になるし、テントも汎用性考えて2人用にするとグランドシートや何やかやで2kgまでかかるものもあるからややこしい。軽いと生地が薄くなるしね。

タープ泊が最適解だとは思わないけど、軽くてコンパクトで「バイクパッキングっぽい」のは確かなので天候とか見ながら使うぶんにはかなり良さそう

https://www.instagram.com/p/BUpuu3wl8AW/
タープの中からおはようございます #タープ泊 #tarpcamp #bikepacking #solescapebivvy #bicycle

寝るための装備

外気は12度が最低気温、さすがに大阪より夜は冷えるなと思って臨んだけど、持ってる装備で何とか乗り切ることができた。こればかりはやってみないとわからないし、やってみると次も何とかなるかもという自信につながる。経験は大切。

  • 衣類
    • モンベルジオライン
    • ユニクロ ウルトラライトダウン
    • Arc'teryx Argus Jacket
    • おたふく手袋 保温タイツ
    • Arc'teryx Perimeter Shorts
  • 寝具

ユニクロのダウンは持って行くか迷ったけどこれのおかげで持ちこたえたような気がする。冬のライド用に買ったArc'teryxのジャケットだけで外にいるときに結構寒くなって来たので中に着込んでそれから寝袋に入った。


ESCAPE Bivvyは初めての使用。多少の雨や露はこれで何とかなるかと思ってたけど実際降ってくるとアウトだろうなw でも寝袋汚れずに済むとか保温効果とかなかなかのもので結構良かったと思う。ちなみにこれの下に広げた輪行バッグを敷いてた。


もっと暑くなってくると寝袋なしでダウンジャケットにESCAPE Bivvyって使い方もできるんだろうな。

寝てる間の安定感

さあ寝ようとタープに潜り込んだ時に盛大に自転車倒してタープをふぁさーっとかぶったけど、それ以降は寝返りで倒れたりみたいなこともなく夜中に目覚めることもほとんどなく熟睡。


ただこればっかりは風が弱かった影響も強いし、タープの張り方が不安定なのは歴然たる事実。最初に余裕を持って4辺をペグダウンして、後からチャリを入れて周りのロープで調整する感じにしたけど、ここの安定感の出し方とか室内空間の取り方とかはまだまだ工夫できそうな気がする。

見た目のかっこよさ

これ、かっこいいと見るかどうか判断しづらいよねww 貧乏くさいのと紙一重。豪華さはないね。


フォークで地面に立てたのでハンドルの部分が稜線に浮いて、そこから夜露が垂れたりしてた。やっぱり裏返してうまいことやったほうがよさそう。まだまだ改良の余地あり。本当は早めに着いたら色々やりたかったけど仕方ないか。

oxtosのタープの感想

15Dの生地はやっぱりかなり薄くてテンションかけると不安になることもある。ただ、この値段でこのサイズはかなり優秀だし、他のブランドの良さそうなやつも色々あるけれどまずはこれを使いこなしてからだなあと思う。

サイズは2880×2360で、長辺を稜線にすると寝袋丸ごと入れても頭上に1m近く物置のスペースが取れるのは嬉しかった。パッキングの荷物や食料なんかをその辺に置いといて、寝るためのスペースの周りには何も置かないということができる。

コンパクトなタープになると「荷物をどこに置くのか問題」は確かに出てくる。1人用シングルウォールで前室なしでもそうだろうな。うーむ、やってみなくちゃわからないことたくさんある。

ということでタープについては概ね満足。一緒に買った蓄光のガイラインはさほど光らず、緑色がタープと一体化しちゃうので次は赤いのがいいかなと思うくらい。それもまだしばらく先の話になりそう。

課題

ロープの張り方、中のスペースの使い方、その辺はまだ色々やってみないとなあ。周りの木を使うとかやり方次第で楽しめそう。

そして手持ちの寝具セットで12度で快眠できたというのは素敵な発見。道の駅の屋根の下で寝ようと思えばそれだけでも十分てことになる。もっというと水場で屋根があるようなとこならそういうとこでもいいわけだしな。40超えるとそんなことばっかりしてられないかもしれないけどさw