読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Play! Bike! Camp! バイクパッキング記録ブログ

40近く子連れのおっさんが、バイクパッキング始める記録のブログ。

5〜10度くらいの冬の自転車ライドのウェアについて

完全に自分用メモのつもりでまとめておく。

昨日の朝、堺から和泉の山の方まで走りに行った。天気予報は晴れ、最低1℃、最高13℃で午前中はそこそこ肌寒そうな感じ。日が出てればあったかいけど日陰走ると結構冷えそうな予感。

f:id:playbikecamp:20170312214844p:plain

時間別の予報見てても5〜10℃くらいかなあという感じ。自分としては5℃以下だとあんまり走りに行くこともなさそうだし、大阪で5℃以下ってけっこう冷え込む時だからさすがにこのくらいが限度かなーと思ってる。もっとウェア買い込んで行けば別だけど。

上半身

  • 汗取りレイヤー:ユニクロのAIRism半袖
  • ベースレイヤー:モンベル ジオラインLW 薄手
  • アウター:Arc'teryx Argus ジャケット

エアリズムは普段から年中着てる。「ヒートテックは登山や自転車に向かない」は散々言い尽くされてるけど、エアリズムはそこまで悪くもないし、むしろ冬場も安定して使える気がする。もちろんロードバイク乗るのに運動強度が強くてかなり汗かきそうな時はもっとハイスペックなやつがいいとは思うけど、早朝で少し寒いくらいだろうからそこまではいらないかなーと思ってた。

モンベルのジオラインは信頼度かなり高い。アンダーアーマー、ファイントラック、その他諸々もっといいやつがあるのはわかるけど、5,000円程度でこれだけ保温と撥水してくれれば何ら問題ない。大阪ブランドとしても積極的に推したい。OSAKA LOVE。冬のベースレイヤーとしてとりあえずジオライン買っておいて損はない感じ。


Arc'teryxのArgus(アーガス)ジャケット、もう何度かこれで乗ってて全部で150kmくらい走ってるけど、トレランなんかが主戦場のジャケットなのでお腹がだぶつくとか背面のポケットが少し使いにくいとかフロントのポケットにiPhone入れると足に当たるとかいくつか気になる点はあるけど、さすがに値段だけのことはあって高機能でかなり気に入ってる。5月くらいまでは早朝ライドで普通に役立ちそうなのでこれも満足度高い。キャンプ行くときの日没以降でも役に立ちそう。

Argusジャケットの良いところは「通気性がよい」というところに尽きる。Alphaの生地を使って撥水と保温を兼ね備えたインシュレーターということなんだけど、「通気性が良くて走ってても風が吹いてるのが良くわかる」というくらい。これは自転車で風を受ける分にネガティブな印象になるかもしれないけど、結局は通気と保温はバーターなところだと思うし、ゴアテックスの雨具を風除けに着て走ってる時は「風をシャットアウトしてる感じ」は確かにあるけど、それ以上に「汗がこもっている感じ」があって不快度も高い。
そこが「通気して汗が逃げている」という感じがはっきりするのでインナーで汗をかいてることはわかるけどこもった感じは全くないし登りにかいた汗は下りの間に乾いてさっぱりしている。アウターというよりジャージで走ってる感じに近い。これはすごい。


下半身

  • 下着:ユニクロのボクサーパンツ
  • タイツ:おたふく手袋 保温ロングタイツ
  • レーパン:パールイズミ 夏用のショーツ
  • 靴下:ユニクロの普通のソックス
  • シューズカバー:アリババのトゥーカバー

パンツ履かない論争は一旦無視。お腹の調子悪いのでレーパンにウンコつくのもやだしなーとおもってる。履かないに越したことないけど冬場冷えるの嫌だしね。タイツも結局いろいろ悩んだけど上等なやつでなくても肌が風に晒されなければなんとかなってるし、裏起毛で吸水撥水がいいやつなのでこれも快適。ヒートテックの時ははっきりと膝の裏に汗がこもってたから。

夏用冬用できっちりレーパン揃えられるのがいいんだけど、なかなかそうも行ってられないし、これもキャンプで夜泊まるときにインナー必要だからね。メリノウールがいいのもわかるんだけど、まあそれは追々。


そしてやっぱりトゥーカバーは必須。とりあえずと思ってアリババで$4で買ったやつでも十分に機能してる。厚めのスウェット生地で、クリートもきっちりハマって無駄に噛んだりすることもない。これの有無で全然変わるもんだ。


ヘッドウェア

  • サイクルキャップ
  • BUFF

BUFFがかなりよい。保温ならウールがいいかと思ってたけどセールでゲットした普通のポリエステルのやつで十分で、フリースや反射あるやつやいろいろあるけど、これも鼻と耳が風に直接当たらないだけでかなり快適。けっきょく皮下脂肪の薄い首、鼻、耳、手首、あたりが覆われてるだけでだいぶ違うんだなあということを体感する。素晴らしい。



なにも寒いときに好き好んで走らなくても、という気持ちもあるけど、夏のクソ暑いときに朝方くらいしか選択肢がなくなってしまうよりはよっぽど自由に走れるなあと思う。グローブは薄手のやつなので来年の冬には少しゴツイやつほしいかなと思う。でもまあ今のでもなんとか走れる。けっこう何とかなるもんだね。冬のライドの敵は「どうしよう、寒いかなあ」と思う気持ちくらいのものね。出て走ってさえいれば20分もすればなんとかなる。